« ストップ高は、買いか? 売りか? | トップページ | 今日は、旬のタケノコ料理に挑戦! »

2008年4月 5日 (土)

4月 伏見稲荷の月例参りに行きました。

桜の季節、伏見稲荷は、桜が少なく、みどりが多い。常に、浮いた晴れたでなく、質実で堅実な風情を感じる。

伏見稲荷で授かったおみくじを顧みると8月の”売り大いによし、買い悪し”で、それまで、安く買って、高くなれば売ってと、”買えば売って儲けるチャンス”を得て、その繰り返しが、株式投資のあり方と思っていただけに、このみさとしは、理解できなかった。そして、株価が下がれば、勝ちたい一心で、買い増す逆張り戦法を実践した結果、サブプライムローン問題によって、株価の下落が続き、完全に打ち崩された。”かつべし”投資のあり方を完全に見失ってしまった。今年に入り片商いから、両商いを練習してみると、”売り大いによし”がやっと理解できた。やっと、おみくじのみさとしに従った行動が出来そうに感じた。

20080405_2 今日は、どんなおみくじを授かるか、楽しみに朝早く、伏見参りに行った。

今も”生かされていること。堅実に、かつべし投資手段を授かり、そして、幸せな人生を歩むことを願って、本殿にお参りし、おみくじを引きました。

授かったおみくじは、 八番 吉凶相交末吉(きっきょうあいまじえすえきち)

世の中の人の心のうきぐもに空がくれする有明の月

このみさとしは、今は心配することの絶えざる有り様である。世の中の通理をよくわきまえて、他人との交際に注意しないと思わぬ損害を受けることがある。
勝負事 かつべし
商い 記述なし

今月は、おみくじに従って行動してみようと思ったのですが、商いのみさとしはなし、勝負事は、かつべしであった。

おみくじのみさとしをかみしめながら、山頂にある眼力社にお参りいった。今日は、天気もよく、朝早いため、すがすがしい気分である。今後の有り様を授かるため、再度おみくじをひきました。

三番 大吉

あまてらす神の御心うけつぎて三つの宝ひかりくもらず

このみさとしは、何事も心叶う兆であるから、思い立つた事は、速やかにするがよい、ただし、準備を充分に心がけよ。

勝負事 おもうままにかなう 

商い  うりおおかたよし、かい十分よし、しあわせあるべし  であった。

20080405_3 株式投資の道理をよくわきわめて、質実な生活、堅実な投資のあり方を備え、”かつべし”→”しあわせあるべし”へ、おもうままかなえれば....と思う中、伏見稲荷駅で、京阪沿線の桜のパンフレットを見た。八幡の背割の桜が目にとまり、いつもは、車窓からの見物であったが、今日は、足を運んでみた。桜のトンネルが1.4Kmと往復一時間、春を満喫した一日でした。

|

« ストップ高は、買いか? 売りか? | トップページ | 今日は、旬のタケノコ料理に挑戦! »

伏見稲荷」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事