« 2013年11月1 日、月例 伏見稲荷大社まいりに行きました。 | トップページ | 今日(2013年11月9日)、国民年金・厚生年金保険 年金額改定通知書が届きました。 »

2013年11月 8日 (金)

▲改革(年金減額・消費税増税・医療・介護負担増額・諸物価高騰…)に、 先が見えない暗い夜道を歩いて行かなければならない「今」は、「嚢を括る」時の様である!…

気になって仕方がない年金減額・消費税増税…に、今月(2013年11月)の月例 伏見稲荷大社まいりのおみくじ…七番 凶後吉
むば玉のくらき闇路にまよふなりわれにかさなん三つのともしび
このみさとしは、今は深夜の道中に灯の消えたような有様である、これまでの身の行いによって、いろいろ禍がむくいて来ているからである。心を新しくしてひたすら祈るがよい。いづれ幸福がある。

三度目の深夜の道中に灯が消えた有り様に、如何に過ごして行けばいいのだろうか?

過去に、七番凶後吉のおみくじを授かったのは、2011年3月(東日本大震災で、平穏な日常生活の有り難さを覚った時)、2012年9月(64歳特例老齢年金受給までの綱渡りを渡りきる時)、そして、三度目の2013年11月(65歳この上ない満額の年金受給も、年金減額・消費税増税など痛みが伴う税と社会保障の一体改革に先行きの不安が拭えない時)に授かりました。

2003年12月55歳早期定年退職(離職)して10年目。2013年10月65歳この上ない満額の年金受給にやっとのことで漕ぎ着け、これから「年金生活」と思ったら、年金減額・消費税増税・医療・介護保険料負担増額、窓口支払の負担増額・諸物価高騰…先行きの不安が拭えない。少子高齢社会、超高齢社会の中の老後生活、自分らしく生きるには、どうあればいいのだろうか?…
▲改革(年金減額・消費税増税・医療・介護負担増額・諸物価高騰…)に、先が見えない暗い夜道を歩いて行かなければならない「今」は、「嚢(ふくろ)を括る」時の様である!…

「嚢(ふくろ)を括る」とは、…「嚢」とは袋のこと。
「袋の口をくくるように、発言に注意し、散財を控え、平々凡々と過ごすことだ」。慎みと用心が必要な時です。出るクイは打たれます。
軽率によけいなことは言わない、とにかく寡黙に、ひたすら慎むという意味です。先へ進む手がかりをつかめない限り、無理はしないで待とうとどっしりとかまえて腹をくくるわけです。灯りのない暗い夜道を歩くときは、慎重になるものです。賢明な人は、無理して行かないで、目が慣れてくるまで待ちますね。そのうち小さな灯りでも見えてくれば、それをたよりに歩いて行けます。賢ければ賢い人ほど、そういう時は、慎重になります。
また、財布の紐を締めなさいという意味もあります。まわりからケチといわれようが倹約して現状維持に努め、黙って耐えることだと教えています。「咎もなく誉れもなし」。ほめられたものではないが、害も及ばない。けれど影の時はそれでいいと言っています。

さらに、影の時代は、正しいものに従うこと。自分のことだけ考えて私利私欲に走らないこと。そして、なにより丈夫でへこたれない健康な心身を保つことが大切です。(超訳・易経 自分らしく生きるヒント 竹村亞希子)

2007年8月サブプライムショック…株式投資の代償に、禁煙など自戒を定めた節約・節制、生涯、支出削減の決意も、2008年9月リーマンショック、その後、未曾有の金融危機、長引く株価・経済の低迷に、資産運用による入りが計られず、出を制した、背水の陣である「終身年金をベースにダウンシフトした生活水準」にも馴染み、次第に、平々凡々とした平穏な日常生活に落ち着いてきた。「今」は、満額の年金受給・アベノミクス円安株高にもおごらず、背伸びせず、現在のベースを維持して、税と社会保障の一体改革を、嚢を括って、諦観して過ごして行くこととしよう!

大丈夫!明日を信じて、”あせらず あわてず あきらめず 無理をしない” 「今」を大切に、セカンドライフ自由・自立の道を歩む!

|

« 2013年11月1 日、月例 伏見稲荷大社まいりに行きました。 | トップページ | 今日(2013年11月9日)、国民年金・厚生年金保険 年金額改定通知書が届きました。 »

伏見稲荷」カテゴリの記事

健康・健診」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

禁煙」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

耐えて忍べば」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207446/58535383

この記事へのトラックバック一覧です: ▲改革(年金減額・消費税増税・医療・介護負担増額・諸物価高騰…)に、 先が見えない暗い夜道を歩いて行かなければならない「今」は、「嚢を括る」時の様である!…:

« 2013年11月1 日、月例 伏見稲荷大社まいりに行きました。 | トップページ | 今日(2013年11月9日)、国民年金・厚生年金保険 年金額改定通知書が届きました。 »